top of page

子連れ社長と代理シッター

著者 稀崎朱里  イラスト 椎名ミドリ

2018/12/17

定価 本体 680円+税



子供たちには優しいのに

なんで俺にはイヤミばっかりなんだ!?


四歳の男の子と二歳の女の子のベビーシッターとして、大企業の社長・稲葉のお屋敷へ向かった小鳥遊円だったが、名前のせいもあって女性と間違えられていた。迎えに出てきた稲葉はとても不躾で嫌み満載な男で、初っ端から円に反発心を起こさせた。ムカつく円に対して子供たちは無邪気に接してきて、居心地よく感じさせてくれる。慣れないことの連続ながらも稲葉も時折、円に優しさをみせてーー。


Commentaires


Les commentaires ont été désactivés.
bottom of page